So-net無料ブログ作成

Macにウイルス!? [mac]

40男のマック道! 第34回「Macにウイルス!?」

 ウイルスに関しては安全性をアピールし続けていたアップルコンピュータのマッキントッシュだが、ここに最悪のウイルスが登場したらしい。

 その名は『Newton virus』・・・ニュートンと言えば重力、コイツに感染するとMacのデスクトップで均衡に保たれていた重力を崩壊させるというもの。
 詳しくはコチラ↓



 自分のMacがちょっと席を離れたスキにこんなになっちゃったら、そりゃビックリするわな。

 このウイルス、Troikaというデザイングループが作ったジョークプログラムで、ファイル破壊や個人情報流出の危険は一切ないそうなのでご安心を?!・・・でも本気で嫌がらせには使わないようにしようね(笑)。

 Troika → http://www.troika.uk.com/virus.htm

 USBメモリーの悪魔のリンゴマークみたいなのがカワイイ。


 

 

大人の遠足!夜編!! [mac]

40男のマック道! 第33回「大人の遠足!夜編!!」

 StartMac PhotoClubで山梨県のサントリー白州蒸溜所へ行った帰り、皆で新宿下車。そのまま夜の遠足!?へと突入したのであった。

 行き先は、新宿アルタの裏手にあるサントリーバー「イーグル」。かなりの歴史を感じさせてくれる落ち着いた店内、土曜日のまだ早い時間だというのにかなりのお客さんで賑わっていた。地下に降りた所でジャケットを預け、そのまま更に地下2階へと降りていくと、立派なカウンターと奥に並んだソファが我々を迎えてくれた。

 ここで僕の失態・・・写真部だというのにカメラをジャケットのポッケに入れたまま上に預けてきちゃった・・・。ま、いいか、みんなバシバシ写真撮ってるし・・・ってそれじゃあんまりなので、サハラさんから動画カメラを受け継いでちょこっとだけ撮影。お茶を濁す(笑)。

 しかし、このイーグル、バーというよりは隠れ家的なレストランとでも言えそうなくらい料理が充実している。牛肉や生牡蠣、オードブルも洒落ててしかもみんな美味い!!。同席したサントリーの方々はさすが!ひとつひとつの料理に合わせてウイスキーをチョイス。飲み方もいろいろ変えていて、なるほどそういう楽しみ方も良いな〜などとまた一つ大人の階段を昇ったのだった(今頃かい!!)。

 一人グラスを傾けても良し、こうして皆でわいわい言いながらグラスを傾けるも良し・・・ま、飲めりゃ何でも良いという噂もあるけれど、この日以来、結構家でもウイスキーを飲むようになったのは事実。何しろプリン体が少ないからね!痛風予備軍にはもってこいの酒なのよ(笑)。ロッカーと痛風・・・似合わねぇ・・・。僕はホント痛い事が大キライで(大好きなヤツもそうはいない)ピアスの穴も開けられないんだよ。タトゥーとかも絶対無理だわ。

 というわけで、この夜の遠足の詳細はコチラのBAR-NAVIブログで。
http://bar-navi.blog.suntory.co.jp/000632.html

 ああ、レポート丸投げしてしまった・・・でも写真もないししょうがない。サントリーウイスキーのBGM探したらこんなのあったよ。

 サントリーウイスキーQ by デュランデュラン。


 yamazaki by 教授


 来るか!?焼酎ブームに続いてウイスキーブーム!?


 
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大人の遠足! [mac]

40男のマック道! 第32回「大人の遠足!」

 2008年も早3月に突入・・・よく晴れた土曜日、StartMac PhotoClubのメンバーと共に山梨県北杜市にあるサントリーの白州蒸溜所へ行ってきた。題して「大人の遠足」!!いくつになっても遠足って響きに心躍ってしまう・・・しかも今回は酒がらみという事で、楽しみも倍増か!?

 午前8時半に新宿に集合し、中央線特急あずさでいざ小淵沢へ・・・車中で早速酒を飲みたくなるも(朝からかいっ!!)、今はガマンガマンということで500円までのオヤツとお茶で口を潤す。しかし、朝早いというのにみんな結構ハイテンションだったな〜これが遠足の魔力!?(笑)。

 そんな僕たちを迎えてくれたサントリー白州蒸溜所はなんと雪!!「今日はあったかくて良かったね〜」なんて言ってたのに・・・でも、雪景色も悪くなかったよ。

雪の白州.jpg

 で、まずは腹ごしらえ。敷地内のレストラン「ホワイトテラス」でビーフシチューを頂く。肉が柔らかくて美味かったぁ〜そしてウイスキーの樽で蒸した燻製も超美味!!このレストラン、夏場はめっちゃ混むらしく1時間以上待つ事もあるとか・・・でもそれだけの価値はあると見た。

 そして今日のメインイベント。午後1時からサントリー白州蒸溜所主催のセミナー開始。

 シングルモルト探求セミナー
 『風土が生み出すモルトの味わい講座』

 今回案内してくれるK女史に連れられてまずは工程見学。ウイスキーの蒸溜所は初めてなので見るもの全て新鮮で面白い。最初に仕込み〜発酵、ここまではビールとほぼ同じ、この段階からいい匂いがしてる。3日間ほど寝かして蒸溜過程へと移行する。蒸溜は2回、銅製のポッドスチルという釜を使う。

ポッドスチル.jpg

 この釜、2回の蒸溜で形や大きさが違うものを組み合わせる事によって出来上がりの味や風味などに大きな差が出るらしい。タイプの違う酵母、発酵槽、そしてこの釜の使い分けや組み合わせによってもモルト原酒のたくさんの個性が演出される。
 そして次に見せてもらったのが熟練の技、リチャーというヤツだ。樽は二度、三度と使いこむことによって木の香り、ウイスキーの香りに深みが出る。

リチャー.jpg

 ↑樽の内表面を焼いて使いまわす。

リチャー炎.jpg

リチャー火消し.jpg

 ↑最後にたった1杯のひしゃくの水で一気に火を消す。

 まさに熟練の技。この樽は北米産のホワイトオークという材料を使っていて百年以上持つとのこと。そして、さっきの釜で出来上がったモルト原酒はこの樽に詰められて永い眠りにつくことになる。
 貯蔵庫に入ると、今までとは違うさらに深い香りが僕たちを包み込む。ここには詰められた年代の違う樽たちが熟成の時をじっと待っていた。

樽.jpg

 ↑うちの嫁と同じ年の樽発見!
 (写真撮影は今回特別に許可を得ています)

 こうして貯蔵された原酒は、またしても熟練の技、匠の技であるブレンダーの手によって、最もいい(味や香りの)時期を逃すことなく美味いモルトウイスキーとなるのだ。

 さて、工程見学が終わったところでいよいよシングルモルト飲み比べ。スコットランドものを2種類、サントリー山崎と白州、計4種類を飲み比べてみる。同じシングルモルトなのに全く違う香りと味。シングルモルトとは、モルトウイスキーの中でも一つの蒸溜所で作られたもののことを言うらしい(それすら知らんかった)。そしてサントリー山崎は山崎蒸溜所で作られたからその名前だってことも初めて知った!・・・ずっと山崎って人が作ったか関係してたんだとばっかり思ってたんだけど、恥ずかしくてサントリーの人には言えんかったわ(笑)。
 美味い水割りやソーダ割りの作り方、それぞれのウイスキーに合うつまみ・・・"山崎"と和菓子の最中の組み合わせが絶品だったり、ちょっと癖のある"BOWMORE"もスパイシーチーズに良く合うとか・・・セミナーと言っても小難しい話ではなく、K女史のウイスキーの味に関する表現力(言葉の使い方や語彙の豊富さ)に感嘆したり、とっても楽しいイベントだった。まあ、ウイスキーをたっぷり飲めた事が一番良かったんだけどね。

 白州ロック.jpg

 ↑今回のお気に入りは「白州」のオンザロック。

 この「シングルモルト探求セミナー」はこれから12月まで週末と祝日に開催されるようなので、また行ってもいいなと思った。夏は気持ちいいだろな〜。敷地内にはバースペース(元々銀座にあったBar”うさぎ”をそのまま移設したらしいめっちゃいい雰囲気のバー)もあって、普通に酒を頼めるらしいのでまったりと過ごすのも悪くないかも。ただ飲むつもりで来るなら車じゃ来れないなぁ。
 詳細はコチラより
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/guide/news/0802_01/index.html

八ヶ岳.jpg

 帰る頃にはすっかり天気もよくなって八ヶ岳もこの通り。帰路も相変わらずハイテンションのまま東京へ向かったのであった・・・が!

 「大人の遠足」がここで終わるはずもなく、新宿のバーで夜の遠足へと突入するのだ。

                               <つづく>

 「白州」オンザロックに合うつまみ(Music)はやっぱりコレか!?


 ウイスキーと言えばトムウェイツ。

 この時の様子がサントリーのBAR-NAVI公式ブログにアップされてるのでそちらもどうぞ。


nice!(1)  コメント(17)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

薄〜〜〜〜い! [mac]

40男のマック道! 第31回「薄〜〜〜〜い!」

 超久々のマック道、タイトルの「薄〜〜〜〜い!」というのはふにふにさん(http://blog.livedoor.jp/yaruzo_ikumou/)の頭部・・・ではもちろんありませぬ。19日(土)はAppleさんに招待いただきまして、『Mac World 2008報告会』というのに参加してきた。今回の目玉はもちろん”MacBook Air”!!実物を触り倒してきたのだ。

 まずはプレゼン・・・大方の予想通り封筒から取り出される”エアー”。遠目に見てもやっぱり薄くて軽そうだ。中身はLeopardだから既に発表されたものということで、とにかく今回の売りは薄さと軽さ、モバイルに特化したノートブックということか。しかし、Appleのやることは極端だな〜、薄さと軽さを追求して光学ドライブも外してしまい、外部出力端子も最小限になっている。ヘッドフォンジャックとUSB、Micro-DVIの3つ。まあこれだけあれば十分だという考えもあるのだろうけど・・・。

 僕は仕事上、まだまだDVDやCDは必要不可欠なので、このMacBook Airにはあんまり惹かれていなかったんだけど、実際手にしてみるとね〜・・・いいなぁって思っちゃうんだよね。物欲の鬼と化す自分を必死で抑えつつ、エアーよりも買うなら”Time Capsule”だな〜なんて思ったり・・・まんまとAppleの罠!?にハマりつつある自分が怖い。

 しかし実際、今回の楽しみは報告会よりも夜のミーティング(飲み)の方だった。第二期スタートマックモニターのメンバーが中心になって「写真部」を結成したその結成式&懇親会&新年会。今まであまり話できなかったメンバーの方々とも話が出来て、とても有意義で楽しい会だった。僕自身は写真は撮るより撮られる方が好きだったりするのだけれど(笑)、これを機にもっと写真を撮る喜びや楽しみを見つけられたらいいかな〜なんて思ったり。とりあえず、もう約7年落ちのSONYサイバーショットと携帯のカメラでもって写真部末席に座らせていただこうと・・・”コンデジ野郎”どころか”写メ小僧”ってことで・・・。この場を借りて、今回いろいろ尽力してくださった水島さん、おりーぶさん、”育毛家”ふにふにさん、気軽に話していただいた皆さんに感謝します。ありがとうございました。
 あ、あとSNSコミュの件はぼちぼち頑張るのでよろしくです。

 


日本語は縦書きが美しい!? [mac]

40男のマック道! 第30回「日本語は縦書きが美しい!?」

 もうちょっとで12月、ぼちぼちお正月の準備でも始めようかね、という季節。郵便局は民営化で、郵便事業株式会社になった。サービスは良くなったのか?悪くなったのか?・・・な〜んにも変わっちゃいないっていうのが正直な感想だけれど、そんな郵便事業株式会社が最も売り上げを伸ばすチャンスがお正月・・・そう年賀状だ。
 僕は、個人的にはここ数年ほとんど年賀状を出していない。来年の干支は・・・?、ねずみか、ほとんど気にしちゃいなかった。だいたい友達とかにはメールでやっちゃうし、年賀状だけの付き合いの人もほとんどいなくなったし、年末年始それほど大型連休とれるわけでもないから、仕事関係の人には年明けてすぐ会っちゃうしな〜。

 ところが今年は、会社の年賀状に若干の挨拶文を入れなくてはならず、その文面とレイアウトを僕が考えなきゃいけなくなった。MacBookを前に、いざPagesを開き、文章を考え、打ち込み、さてどんな感じかなと確かめようとした時・・・

 あっ・・・縦書き表示出来ないんだ・・・

 と気がついた。テキストエディットでも同様、縦書きにならない。会社の年賀状で「Happy New Year!!」はねえよな・・・。で、いろいろ調べてみたらやっぱりあった。縦書きに出来るフリーソフト。

 iText Expressというのがそれだ。
http://www.apple.com/jp/downloads/macosx/text/itextexpress.html

 Leopard上で使えるかどうか試してみると、簡単に縦書きにすることができたよ。

 ま、今のところこれだけで十分。もっと拡張機能が必要ならば何かソフトを買えばいいんだし。

 しかし、縦書きが簡単に出来るワープロソフトってあんまりないんだね。今回調べて思った。Wordでの縦書きはイライラするし、一太郎も以前、互換性がなくて往生した記憶があるので・・・。ITの世界では縦書き需要はそれほどないのかな。でも小説は横書きだと読みにくいよね。若い連中はよく携帯小説なんて読めるな〜って感心する。これもジェネレーションギャップっていうヤツか!?

 このブログも長々と横書きで書きなぐると読みにくくてしょうがねえ(笑)・・・やっぱり日本語は縦書きだな。


Macで音編集♪ [mac]

startmac
40男のマック道! 第29回「Macで音編集」

 久しぶりにMacの記事でも書こうかと・・・ちゃんと有効的に使ってるよってね。

 最近、某放送局のラジオ番組の仕事をすることになって、Macで仕事をする機会が更に増えてきた。映像もそうなんだけど、昔は専用の機械、編集機やPCじゃないと放送用フォーマットとして完成できなかったんだけど、もはや普通のPCでそこまでできるか!って感じだ。それもバカ高い専用ソフトがなくても、ものによってはフリーソフトでも出来るのだ。

 僕も最初はMac標準搭載のGarageBandで編集を試みてみた。音声編集もめちゃくちゃ簡単に出来るんだけど、長尺モノになると結構面倒くさかったりする。あとはAudacityというフリーソフトも試してみたんだけど、Mac版は英語表示しかできなくて今イチ使い勝手がよくなかったので、結局行き着いたところがFinal Cut Studioに入っている「Soundtrack Pro」だ。単体ソフトで売り出せばいいのに・・・安く。

 もともと映像と音声を合わせたり、映像に音声をかぶせたりするソフトなんだけど、音のみの編集で十分使い勝手がいい。ファイル変換も簡単に出来るし、外部出力、設定も楽だ。

 ラジオの世界は、テレビの世界ほど機器進化のスピードは早くないと思う。収録媒体も昔は6mmテープだったのが、今ではDAT、HDD・・・。フォーマット種類も映像に比べると全然少ないしね。

 Podcastの普及とか、個人発信のラジオ局のようなモノが簡単に出来る時代。いわゆるラジオ局の未来は明るい?
 その昔、バグルスというグループが ♪Video kills the radio star〜・・・♪と”ラジオスターの悲劇”で歌っていたが、ラジオの敵はビデオからインターネットへと変わってきたのだろうか・・・?

 僕らが学生の頃は深夜ラジオを聴きながら受験勉強をしてたんだけど、今はどうなんだろう。あとラジオ講座とかね。ラジオディレクターの世界は人手不足らしいので、目指す価値はあるかも!?
 でも・・・単価安いんだわ・・・。

 


Welcome to Leopard [mac]

startmac

40男のマック道! 第28回「Welcome to Leopard」

 一昨日、27日の土曜日マックモニターの修了式!?&新OS”Leopard”のデモのために、東京オペラシティのアップルジャパンへ行ってきた。

 午後1時からまずは”Leopard”のプレゼンテーション。およそ1時間強という結構な時間にかかわらず、全く飽きのこないプレゼン。相変わらず上手だな〜・・・もうね、すぐ欲しくなっちゃうよ。もちろんこの新OS”Leopard”がそれだけ魅力的だってことかもしれないんだけど・・・。詳しいことは他のモニターさんのブログやアップルHPで紹介されてるからよしとして・・・で、予想通り!?このOSをブロガー全員(第1期、第2期両方)にプレゼントしてくれた。
 「さすが!アップル太っ腹!!」と言いたいところだが・・・実はこのミーティングには「各ブロガーのお友達を何人でも一緒に連れてきていいですよ〜」というお知らせが事前に届いていて、しかもその出席人数を事前に報告することにもなっていた。僕は友人を一人連れていったのだけれど、その友人には何もなし!?・・・一緒にOSあげても良かったんじゃないの〜。せめてTシャツとか何かグッズとか・・・しかしまあ、パーティーで”ただ酒”をさんざん飲めたはずだから、あんまり強くも主張しづらいんだけどね。

 パーティ&その後の飲み会では、またまたいろんなブロガーたちと交流を深めることができて楽しかった。もうこんな機会(モニターミーティング)もないんだろうけど、色々趣味の近い人たちもいるようなので、今度はマック関係なく集合してもいいんじゃない!?(誰が旗振る?)

 さて、いよいよ新OS”Leopard”にアップグレード!

 待つ事およそ1時間ちょい・・・アップグレード成功!!

 ということで早速この記事を書いている。だからまだ新機能をそれほど楽しんではいないので、その感想は書けないんだけど・・・これから徐々に試していくよ。

 とりあえずスタートマックのモニター広場も今月末で閉じちゃうということで、そこに反映される記事はこれが最後になるかと・・・モニターの皆さんお疲れさまでした!!
 みんな僕が他の人の記事を読んでないんじゃないか?って言ってたけどちゃんと読んでますから!興味あるところは!!Leopardについてもいろんな事書いてよね!!(笑)

 この「40男のマック道!」は、僕がマックマスターと呼ばれる日が来るまでつづく・・・かな!?


えむぺぐ [mac]

startmac

40男のマック道! 第27回「えむぺぐ」

 プロ野球、パリーグのクライマックスは盛り上がってるねぇ・・・それにひきかえ我がタイガースは・・・orz.
 早速ストーブリーグが開幕して、今朝の新聞によるとロッテの清水とか日ハムの金村とか狙ってるらしいぞ。大型野手がトレード候補らしいけど、それって・・・●中だよな〜、●太じゃないよね(笑)。

 最近、通勤途中にiPod touchでビデオ見るのが日課になってて、もう続々とDVDから取り込んでる。例によってHandBrakeで変換するとだいたい1曲が25MBぐらいになるのかな、16GBでもまだまだ余裕で入るよ。ほとんどがプロモビデオなんだけど、だいたい手持ちのDVDで観たいヤツは入れちゃったので、今日は以前ブログ仲間のtetsuya氏にもらった「お宝映像集」のCD-Rから”むふふ”なヤツを入れちゃえ!と思って作業開始。いつものようにHandBrakeを立ち上げたら、あれま、読み込めない・・・う〜ん、どうやらmpeg1ファイルには対応していない様子。じゃあ、探すしかねえか・・・とネットをうろうろしてみると・・・やっぱりあるねぇ〜フリーソフトが!Macを使い出して、色々あきらめなくなったよ(笑)。

 「MPEG Streamclip」というヤツがそれだ。お目当てのmpegファイルを開いて、mpeg4にエクスポートするだけ。全部英語だけどこの作業はシンプルなので大丈夫。あっと言う間にまたまたライブラリ充実だよ。

 それにしてもPCで扱う映像音声ファイルって何でこんなに種類が多いんだ。
 ”えむぺぐ”だけで5つぐらいあんだっけ?AVIとかDVとか、WMV、QuickTime、Real・・・あっちでは開けるけど、こっちではダメって・・・見るだけなら出来るけど、変換は出来ないとか・・・もうややこしいわ!(笑)。

 ま、それでも何とかできちゃうんだからいいか。でもMacBook自体のHD容量が残り少なくなってきてるかもしれない・・・そろそろ外付けHDも買うかな〜さすがにこれはフリーなヤツはないからなぁ・・・悩むねぇ(笑)。


iPod touchでビデオを! [mac]

startmac

40男のマック道! 第26回「iPod touchでビデオを!」

 モニター期間は終了したというのにまだまだ続くマック道!。この3連休は、土曜日仕事で、日曜は草野球の試合、そして今日は天気も悪いのでゆっくり家でiPodいじり。

 iPod touch、せっかく画面も大きくなったことだしビデオでも入れてみるか・・・ということで、手持ちのDVDからいくつかセレクトして、iPod用にファイル変換を試してみた。最近のCDってよく初回特典とかでプロモとか、メイキングのDVDがついてるヤツあるよね。ああいうDVDって一回観るとその後面倒くさくてなかなか観ないのも多くない?本体のCDの方はiPodに入れて良く聴くんだけど。

 で、今回セレクトしたのが、THE WILLARDの『MY SWEET JOURNEY』についていた”Uruwashino Baby (No Time)”のプロモ。しかもこの曲は本体のCDには収録されていないので、今まではこれを聴くためにはわざわざDVDを観なきゃいけなかった。これを気軽にiPodで聴けるようにするのが今回のミッション・・・「音だけ取り込めば良かったんじゃん」というツッコミは今回は無視(やり方わかんないし)。

 DVDビデオからiPod用動画ファイルを作るには、まずVOBファイルをリッピングして、それからiPod用のMP4ファイルを作成しなければいけないらしい。が、それらを一気に解決してくれるソフトを発見。「HandBrake」というヤツなんだけど、ちょ〜簡単にDVDからiPodに取り込めちゃうんだ。DVDをスロットに入れて、コイツを起動しあとはちょちょいと設定してクリックすればOK。

 これで、通勤電車の中でも退屈せずにビデオを観れるよ。iPodを横にして観れば、大きさも全く問題ないし、キレイに再生される。あまりに簡単に出来たもんで、他にも三宅伸治の”たたえる歌”(みんなとセッションしたヤツ)とか、SIONのベスト盤『SION '98>'03』についていた、”通報されるくらいに”、”Near”、”あまった優しさ”のプロモ、DUMBのアルバム買った時についていたディスクユニオン特典のDVDなどなど、たくさん入れちゃった。あくまでも個人的楽しみですから・・・。

 それから、iPod touchのインターネット機能をちょっぴり試してみた。うちのAir Macのワイヤレスネットワークに接続してみると、これがまたキレイに繋がるんだ。

 ここでも例の指先タッチ操作、ピンチイン、ピンチアウトを駆使して見たい部分をタップ(クリック)するとちゃんとスムーズにそのページに移動する。ただ、キーボード操作にまだ慣れなくて、直接入力する時どうしても隣の文字を押しちゃったりするんだよな〜これだけはもうちょっと慣れが必要かも。でも僕なんかよりずっと指が太いはずの白人男性たちも器用に使いこなしてるんだからね〜・・・。

 あとは、iCalと同期させてスケジュール帳として機能するかどうかだな。今度それ試してみよう。


Rolly's iPod touch!! [mac]

startmac

40男のマック道! 第25回「Rolly's iPod touch!!」

 いや〜本日無事にモニター事務局から「業務完了」のメールを頂いた。メールが来るまで実はちょっぴり不安だったりして・・・。後は事後報告をちょびっとして全て終了と!・・・とは言ってもこの『40男のマック道!』は続いていく!?・・・かもしれない(笑)。
 ということで、この記事もアタマにstartmacって入れなくても良かったのかも知れないけど、モニター広場は今月いっぱい営業してるようなんで、一応ね。

 今日はもう一つ楽しみにしていた事があって、ずっと不在配達で手元に届いてなかった新しいiPod touchがやっと届いたのだよ。最初に手にした感想は「めっちゃ薄ぅ〜っ!!」。まだカバーとかケースもないから裸で持たなきゃなんだけど、早くも指紋だらけ(笑)、アクセサリーももう色々と出てるのかな?またそれを買いに行くのが楽しみだったりして。

 裏の刻印も!

 早速、iTunesにつなげて音楽を同期、容量が16GBしかないから厳選して入れないと。真っ先に入れたのはこれまた今日家に届いたばっかりのTHE WILLARD「Lucifer Lives ~Foggy Midnight Session~」。後はやっぱりパンク系ばかりをとりあえず・・・。

 せっかくなので写真も1枚入れてみた。

 「自分大好きかよ!!」というツッコミも何のその、まあ例によって縦にしたり横にしたり、タッチ操作で拡大したり、縮小したりして遊んでみた。画面のタッチ操作も思ってたよりスムーズで、何も違和感を感じなかったよ。後はYouTubeとかも観れるし、まだまだ遊びがいがありそうだ。ちょうど今週末は3連休だし、引きこもるか・・・。

 iCalとかアドレスブックとかも同期できるようなので、手帳としても使えるかもね。その辺はまたこれから追々調査していこう。

 こんな感じであっと言う間に夜は更けてゆくねぇ〜・・・秋の夜長にiPod・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。