So-net無料ブログ作成
検索選択

Night of Xmas Raiders [LIVE レヴュー]

 クリスマスに向けての三連休、初日の土曜日はまたまた恵比寿へ。

 Night of Xmas Raiders
 THE WILLARD
 @恵比寿リキッドルーム(2012.12.22)

 30周年アニバーサリーということで、期待も高かったこのライブ。リキッドルームでは、ウィラードカフェなるものもオープンしてたみたいだが、俺が行った時にはもう閉店。同じく2階でやってたジョー・ストラマーの写真展(命日だったしね)を観てからフロアへ降りる。

 客の入りは、7〜8割ってとこか。5年前の25周年の時の方が盛り上がってたな。

 で、いざライブスタート!

 いきなりの“The End”でうぉ〜っとなるも、あれ、客のノリがイマイチ。続く“Rising Rider Drive”、“Angel Trip & Lucifer Kiss”と立て続けの演奏もなかなかフロア全体が流れに乗れない感じ。

 何だか不思議な感覚でライブは進む。途中、JUNが体調が良くないと言っていきなり退場。まさか、まだ40分ぐらいしかやってないのに終了??!と不安がよぎるが、10分くらいして再び登場。まさに先の見えないライブ!

 そして“Justice”を演奏した後、唐突に終了。まだゲストのホッピー神山も出てないのに・・・と思っていたが、どうやら二部構成だった様子。二部のオープニングはドアーズのカバー”ハートに火をつけて”。続いて“Babylon, Break Out”、“Silly Games”とホッピー先輩のキーボード全開。ホッピーはここまでで、また4人に戻る。

 JUNは体調不良のわりに声は結構出ていたように思う。しかし、何かバンドのバランスを欠いた感がしたのは、ギターの内藤の不調のせいじゃないかな。とにかく間違えが多かった。上がりきらないチョーキングなど観てるコッチが不安になる感じで、曲にのめり込めなかったよ。そんな中、一人奮闘してたのがドラムの酒井愁だな。安定感ありまくりで、前任の大島のドラムがあまり好きじゃなかった俺には好感触。“Run Cindy Run”カッチョ良かったな〜。もっとバンド全体がカッチリしてきたらいいのにな〜と思った。

 なつかしの映像。



 これで年内ライブもおしまい。今年もあっという間だったな〜。来年も楽しい1年にしよう!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。