So-net無料ブログ作成
検索選択

PUNK LIVES! FESTIVAL 2011 [LIVE レヴュー]

 PUNK LIVE! FESTIVAL 2011
 @渋谷O-EAST(2011.11.13)

IMG_0215.jpg

 2年ぶりに開催された大人のパンク祭り、PUNK LIVES!。午後2時半から8時間足らずの長丁場、飲み過ぎ、はしゃぎ過ぎには御用心・・・なんだけど、やっぱり飲んでまうわ!

 ちょうど会場に入った時に始まったのがラディカルズ。3ピースのガールズバンド。初めて観たけど、いいわ〜俺の好きな感じ。演奏もしっかりしてて迫力もあるしね。“RADiO GiRL”っていう曲が良かったな〜ポップな感じで、下は違う曲だけど。



 次はFUNGUS。BARで飲む。

 3番手に登場はJUNIOR。本日最初の盛り上がり?!楽しいねぇ〜。俺の大好物の“ROCK'N'ROLL PEARL HARBOR”も最後に演ってくれて満足じゃ。でもいつもイベントでしか観てないからなのか、PAのバランスが気になるんだよな〜。確かに楽器もたくさんあって難しいんだけどね、コーラスが今イチ聴こえないんだよ、いつも。



 続いては、STANCE PUNKS。2階でまったり。初めて観たけどブルーハーツをよりパンクっぽくした感じ?

 5番目はTHE RYDERS和歌山で観た時よりもいい感じだった。やっぱ俺、MOHちゃんのドラムが好きだ。ケントリで叩いている頃からだけど、ザ・ライダーズでもその存在感はバッチリだね。

 そしてSA。登場する時間が早すぎるんじゃないの?まだまだ残り多いよ〜と思いつつも身体は正直に反応して、1曲目の“Don't Deny Give It A Try”からモッシュ突入。思えば、俺が今まで唯一ダイブしたのが前回のPUNK LIVESだったかな〜。ニューアルバムから初めてライブで聴いた“RALLY-HO!”も大盛り上がり、フロアの前方はもうしっちゃかめっちゃか。汗みどろになりながらも楽しかったぜ。



 7番目、ガーリック・ボーイズ。SAの疲れをBARで癒す。

 いよいよここから大人のパンクバンドそろい踏み。THE STAR CLUB。ギタリストが交代して、今日が新ギターお披露目ということだったのだが・・・全く紹介もなし。金髪の軽そうな兄ちゃんが登場して、軽そうにギターを回しまくり、軽快にステージを動きまくり、あっと言う間に終わってた(笑)。その後、フロアのあちらこちらで「あいつ誰やねん?」という会話が繰り広げられていた。ヒカゲはまた大きくなったような気が・・・。

 セミファイナルはCOBRA。もはや伝統芸能とも言うべきセットリスト。が、これが一番盛り上がるのも事実という・・・。オープニングSEに“君が代”をかけてたけど、幕が開いた瞬間YUICHIの服が思いっきりユニオンジャックだったのがシュールだった(笑)。この頃になるとダイブしてステージに上がるヤツらも酔っぱらって、足下がおぼつかなくなってたな。

 そしてトリはLAUGHIN' NOSE。いや〜ここまで長かった。先日、ラフィン本「ワチュロウ・パーティ」を読み終えたばかりで、普段より思い入れたっぷりに観てしまった。サイコーだったね。チャーミーもご機嫌な様子で客を煽り、PONも心配してたほど酔っぱらってなかった(笑)。ラフィンはまた最近ピークを迎えつつある予感・・・だけど、新譜の評判が今イチという・・・。でもライブの勢いはスゴく感じる。

 ♪どこまで行ってもパンクマン〜♪



 最後は、全員(ヒカゲ&チャーミー以外かな)でピストルズの“Great Rock 'N' Roll Swindle”をセッション。ぐだぐだ感丸出しだったけど、みんな笑顔でPUNK LIVESのラストにふさわしかった。終わった後のフロアに転がる空き缶の数がすごい。この日の酒量はどんだけなんだよ!俺も含めてな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。